VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
ズボラ・クレンジング。
e0037001_1842541.jpg6月号の入稿やら、出張の余韻(単なる時差ボケ?)に浸る間もなくガイジン勢の襲来に遭ったりと、心身ともに結構ハードな日々続き。ようやっと家に帰りつけたなら、とにかく「早く寝た〜い」。正直、スキンケアどころではない。

とはいえ、せめてメイクはオフしなければね。そんなわけで只今重宝しているのが『ユリアージ』の「クレンジングウォーター」。シャバシャバのローションをコットンに含ませ、さっと拭き取るだけで、メイクがするすると落ちる。刺激ゼロ、洗い流しも不要なので、ホント「何にもしたくありませーん」的なズボラ気分のときの強い味方だ。

ちなみにユリアージとはフランス東部のユリアージ温泉を指し、「クレンジングウォーター」には、ここのミネラルをほどよく含んだ温泉水が約60%含まれているそう。人間の体液と同じ濃度の浸透圧をもった“アイソトニック(等浸透圧)水”なので、肌に素早く馴染んで、乾燥も防いでくれるとか。

水が良くない地域への海外旅行の連れとして、もしくは防災グッズの中に紛れ込ませておきたいスーパーサブ。極小サイズがあれば(あるのかな?)、機内持ち込みとしても便利そうである。
[PR]
by vogue_aso | 2007-04-12 18:04
<< あえて無色透明のグロス。 天日乾燥まいたけ。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧