VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
濃ゆいオンナ。
e0037001_16165925.jpg新年あけましておめでとうございます。久しぶりに2週間近いお休みをいただきまして、心身ともにかなりメンテナンスができました。本年も『VOGUE NIPPON』を、何とぞよろしくお願い申し上げます。

さて、2007年の拙ブログ、筆始は「香り」のお話。

年末の、かなり差し迫った時期に届いた『トム・フォード』の「ブラック オーキッド」。この香りの成り立ちについての詳細は、トム様のインタビュー記事(今書店に並んでいる小誌2月号)をご参照いただきたいのだが、実際どんな匂いがするのか、ビューティ・チーム一同興味津々。

む……。こ、こ、濃ゆい! でもちょっとだけフルーティ?(但しマンゴーのような南国の果物系) まさに予想していたとおりであり、予想を裏切られたようでもあり。ぶわーっと半径5m四方に立ち昇る香りは、とにかくとても主張が強い。

ビューティ・チームにおける20代の通称“年少さんチーム”村松と猪狩は、あまりの未知な体験に、正直ズルズルと後退していったが、栗原と私の“年長さんチーム”は、「濃いねえ」と言いつつ、「まんざらでもない」感想。これっておそらく『ディオール』の「プワゾン」をリアルタイムで経験しているかいないかが、非常に大きいのだと思う。しかも嗅げば嗅ぐほど、なんだか好きになってしまう、このミョーな高揚感。今現在、主流となっているライトなフレグランスとは、真逆の立ち位置だけれど、ひょっとしてひょっとするとこの香り、第2のプワゾン現象を巻き起こすかも???

嗅いでいるうちに、突如閃いてしまったトム様からの啓示。2007年以降は「濃ゆいオンナ」が来るに違いない! 濃ゆいの意味は、別に厚化粧というわけではなく、その生きるスタンスやマインドががっつり「濃い」ということ。「ブラック オーキッド」ブームとともにそんなトレンドが来たら、結局ドッカンドッカンしたものが好きな私なんぞは、かなり「歓迎」なんだけどな。
[PR]
by vogue_aso | 2007-01-09 16:17
<< 旅のお供<その1>。 極私的コスメ大賞。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧