VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
シャネルのイベント。
e0037001_1045264.jpg夜、銀座のシャネルビルで読者招待イベント。プレゼンターとして、パリからドミニク・モンクルトワ氏とハイディ・モラヴェッツ氏のコンビ、すなわち「歩くシャネル」「人間シャネル秘宝館」も駆けつけるという肝の入りっぷり。そしてこのパーティ、 VOGUE.comで募集をかけたところ、定員40名のところになんと700名の応募があったとか! 

僭越ながら、ドミニク&ハイディの「呼び込み」係を務めることになった私。首の詰まったドレスを着る関係上、髪を表参道『ITAYA』の板谷先生にアップにしてもらう。先生とは本当に長いお付き合いで、雑誌が変わろうと、夫が変わろうと(?)、いざという時に、結局あれこれお願いしてしまう仲(もっぱら私が一方的に……)。職業柄、これまでいろんな方にアップにしてもらってきたが、やはり板谷先生の作るシルエットが一番好きかも。しかも早業(「巻いて」「上げて」「スプレーして」で、ものの10分!)。しかも圧倒的にもちがいい。

おかげさまでイベントは大成功。さすがうちの読者、美人でお洒落な人々ばかりだったし、主催者側の私たちもとてもハッピイな時間を過ごすことができた。ご来場くださった方々、そしてご尽力いただいた関係者の皆様、本当にありがとうございました。
[PR]
by vogue_aso | 2005-11-09 22:48
<< キャシー来日。 外メシ・シーズン。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧