VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
ペディキュア救急隊。
e0037001_9465332.jpgサンダル(素足)の季節到来である。

となると、いよいよペディキュアがマスト! 私の場合、4月〜10月くらいまではだいたい月イチペースでサロンに通うのだが、ここ数年、基本は「赤」と決めている。なぜって? 脚が締まって見えるのはもちろん(←この件は、昨年の別冊付『allure』内でも検証済み!)せっかくプロに塗ってもらうなら、そりゃあやっぱりピュアなレッドでしょ。事実、赤は難易度↑↑で、ネイリストの実技試験の課題色でもあるとか。というわけで、ブルーやグリーンなどの遊び色(←これも好きなんですけどね)、アラが目立たない淡色のパールカラーは、サロンに行きそびれているときの“つなぎ”やオフシーズンに、自分で塗る色、と分別している。

がしかし。出かける直前に、そんな赤ペディキュアの「欠け」に気付いてしまったら??? 目立つ色だけに何だかミジメ(たとえば電車で。向かいの席のひとのペディキュアが剥げ剥げだったりすると、猛烈侘しい気持ちに襲われたりしませんか?)。全部塗り替えるほどの時間はないし、あーん、このままじゃ出かけられないよう……。

解決策:その1「網系のストッキングを穿いて誤魔化す」。その2「サンダルをやめて、爪先が閉じた靴にする」。まあ、着ていく服に合うならこの1&2でもいいのだが、最近のレスキュー方法は、もっぱらその3「ネイルシールで、欠けた部分に即席アートしちゃう」こと。これが案外効果的で「してやったり!」な感じ。しかもいったん貼り始めると、アート自体に結構ハマってしまうのだ(本末転倒?)。

そんなわけで、このところ秘蔵していた『アナ スイ』の「ネイル スティッカー」が大活躍なのである。
[PR]
# by vogue_aso | 2007-06-05 09:47
リフレッシュ。
e0037001_20243070.jpgデスクワークが行き詰ったときなどの、ちょっとした気分転換……といえば「香り」である。最近は自分につけるだけでなく、頭の上で『ゲラン』の「アクア アレゴリア」の新作をひと吹きし、周囲の空気ごとリフレッシュ。「アクア アレゴリア」には秀作が多いが、現在は6月1日発売の“マンダリン バジリック”にハマっている。

名前のとおり、ベースはオレンジなのだが、そこにバジルのちょっぴりクセのあるグリーンが混ざって、ホントにいい香り♪ 同シリーズには“パンプル リューヌ”という、グレープフルーツの香りもラインナップされているが、あれと同様、苦味(つまりはオトナな味付け)の出し方が、さすが『ゲラン』でお上手なのだ。

香りのことに触れた数カ月前の小誌の連載『Jan Says』で、Janが「決まってベチバーにやられる」と書いていたが、私の場合はそれがアンバー。アンバー入りの香りには、本当に無条件幸福(ちなみに現在のところのマイ・ベスト・アンバーは『エルメス』の「アンブル ナルギレ」)。そしてこの“マンダリン バジリック”にも、やはり、という感じでそれが入っていた。  

最後に。ちょっと話が逸れるが、柑橘系といえばバラエティショップ展開の『アヌエヌエ』も、何とも郷愁を誘う香りである(ハンドバームとかリップバームとか)。「お菓子解禁♪」になった直後の、小学生の遠足のバスの中の匂い?? 誰もがひとつは持ってきていた、カバヤのジューCとか、明治製菓のミオとかね。あ、昭和な人にしかわかんないか。
[PR]
# by vogue_aso | 2007-05-31 20:24
骨格矯正。
同僚の石田潤に勧められ、ミッドタウン内のヘアサロン『EXCEL』で「骨格矯正」のメニューを受けてみた。これがホントに良かったので、先日リピート。またもや良かったので、これはもう、月イチのレギュラー化確実ですわ!

とはいえ、とにかく痛いんです、こちら。頭蓋骨上のズレた筋肉を、グイグイと力ずくで戻すわけで、もう、頭蓋骨に穴が開きそうな勢い。80sの映画『ブレードランナー』の中に、ルトガー・ハウアー演ずるレプリカントが、生みの親でもある博士の頭を両手で砕くシーンがあるが(←怖すぎるので私はいつもこの場面では目をつぶっている)、脳裏をよぎるのはこの映像。もしくは『DMC』のクラウザーさん歌うところの『グロテスク』(←わかります?)。でもこれで、気になる顔のたるみや歪みが矯正されるなら、なんのその! とはいえ涙にじみます。思わず無言になっちゃいます。

しかし、終わった(耐えた?)あとはホントすっきり五月晴れ!(担当のイケメン大久保さんにも「今回もよく頑張りましたね」と、もれなく誉めてもらえるし) そしてその効果は、本人以上に周りが感じるようで、あるときは久しぶりに会った人に「顔ちっちゃくなったけど、何したの?」と訊かれたくらい。

あ、あと「毛髪治療」もオススメです。中身が抜けてスカスカだった瀕死の髪も、かなり蘇りましたから。
[PR]
# by vogue_aso | 2007-05-29 08:53
「気」の話。
e0037001_0201549.jpgヘア&メイク、およびエステティシャンという職業の方々は、「気」にえらく敏感であることが多い。アーティスト気質で、人一倍「感受性が強い」ということもあるのだろうけれど。

話を聞いてみると、「気」対策、これはもう職業上の必然であり、自己防衛なのかも。日々、一見さんを含むあらゆる人間に、文字通り“接触”する仕事なので、ときに相手の持つ「気」(必ずしも良質なものとは限らない)をダイレクトに受けて、ぐったりしてしまうこともあるのだとか。となると、何らかの結界を張ったり、良いエネルギーだけを選択的に取り入れたりする事前の工夫は、ベストなプロの施術を行うには必須なわけで。

また、私のような雑誌編集者も「人と会う」のが商売。私自身、オバケや霊関係は「見えない」タイプなのだが、この「気」には案外敏感で、最近では「これはヤバいでしょ」という相手には、会うなり固まってしまう(←実はちょっと困ってます)。以前は後で頭が痛くなる程度だったのだが、アンテナの感度が無駄に高くなったというか、エスカレートしちゃったかも。

そんなわけ、でもないのだが、最近気に入ってるのが個人的にもお世話になっているサロン『イリージァン.』の「パワーストーンブレス」。パワーストーンを連ねた、数珠タイプのブレスはかねてより人気が高いが、この『イリージァン.』のものは、片山先生が10年越しでさんざんワタシの全身を触っての結果=「おすすめ石」で作られたものなので、信憑性が違う。HPからも購入できるようになったそうだが、やはり先生の施術を受けたうえで購入したほうが、ご利益の保証がありそう??? ちなみに私のインカローズ×クリスタルクオーツの組み合わせは、色の好みとキャラクターを踏まえてのものなので、大抵のワードローブにも合うし至極満足。左手にはめて(エネルギーが入ってくる手は左だそうなのだ)絶賛愛用中である。

科学的に証明されたものではないので、効果のほどは「?」だが、「守られている」と思えるぶんだけ精神衛生上GOOD。実際「気」の話なわけだから、それで十分なんですけどね。
[PR]
# by vogue_aso | 2007-05-25 00:20
ご利用は計画的に?
e0037001_2148536.jpg2種類のピーリング製品。そしてニンテンドーDSのRPG『世界樹の迷宮』。この3つが、只今の私の「スキあらばやりたくって仕方がない」ハマリものである。

まず、『イミュ』の米ぬか毛穴クリーナー「デジャヴュ ズームビューティー」(写真右。プラザ<旧ソニープラザ>限定発売品)。見た目はまさに“米ぬか”そのままの粉末タイプ。少量の水で練り、“ぬか床”状にして使う。

もっぱら夜のバスルームで使用しているが、こちらはなんといっても化粧品にあるまじき、美味しそうな香りにしてやられた。ぬかと言うよりは、焦がしたコーンフレークスのような芳ばし〜い匂い♪ これが堪りません! スクラブ系洗顔料は数あれど、これがやりたくて(嗅ぎたくて?)やりたくて。「週2〜3回の使用」が待ちきれずにいる、大人げのなさ(←誘惑に負けて「やっちゃう」と、“剥きすぎ”で私は見事に赤くなってしまう……)。

もうひとつは『エスエス製薬』の「キュティナ ふき取りクリアジェル」。

夏が近づき、ぬるま湯ですすぐだけのズボラ洗顔では物足りなくなってきた昨今、朝はコレ! である。ズボラ洗顔後、水気をタオルでさっくりぬぐった顔にくるくると伸ばし、もう一度洗い流すと、手触りつるるんの肌に。(製品名どおり、コットンで「ふき取る」のが王道な使い方なのだろうが、洗い流したほうが、私のような薄い肌にはより優しくて安心なのだ)。但し、こちらも調子に乗って「くるくる」し過ぎると、それはそれで逆効果。手加減(←とはよくぞ言ったもの!)の、なんとまあ、微妙に難しいことよ。

ちなみに3つめのRPGは、アマゾンで何気に買ってしまったものの、私のような“しつこくキリがない”性格には、やはり禁断の果実であった。5人のキャラクターそれぞれに我が家のぬいぐるみの名前をつけ、夜毎、迷宮の奥深くを探索&モンスター退治。おかげで肩と首がバリバリ。ホント「ご利用」とは、わかってはいてもなかなか計画通りにはいかないものですねえ。
[PR]
# by vogue_aso | 2007-05-21 21:59
ワキの下さえ美しく!?
e0037001_1193523.jpg制汗剤の「シューッ」が、あまり好きではない。

汗を抑える効果は確かにあるのかもしれないが……あれって多量に吸い込んではいけないガス(?)のような気もするし、ヒンヤリする独特の爽快感も、毎日では「ワキの肌」に優しくないのではないか?

とはいえ季節柄、何かしておきたい気分はヤマヤマ。そんなふうにつらつらと思っていたら、出ました! 『ラフラ』から、待ってました的なアイテム、「シークレット オレンジ デオプラス」が!

単なる制汗剤ではなく、ワキ専用“美容液”として登場したこちら。汗やニオイを抑えるのみならず、ビタミンC&イソフラボン配合で、黒ずみ予防および、ムダ毛が生えるのを遅らせてもくれるのだとか。なるほど、ほんのりオレンジの香りがするみずみずしいジェルは、これまでの制汗剤とは姿形からして異なる、極めてスキンケア寄りの製品。へええ、これは思いっきり“コロンブスの卵”かも。

ちなみに『ラフラ』には、ユニークな製品が他にもいくつかあり、とりわけメイク落とし+洗顔+マッサージ機能がひとつになった「バームオレンジ」(←オレンジは『ラフラ』製品共通の香りである)も、お値段のわりにとても優秀で大好き。つけるとムワっと温かくなって、開いた毛穴の奥まで、根こそぎクレンジングされる気がするのだ。
[PR]
# by vogue_aso | 2007-05-18 11:09
ウトコ再訪<その2>。
e0037001_2305516.jpg滞在中は日がな一日、プールサイドで読書。そして気が向いたら、プールか屋外のジャグージにジャボン! 海洋深層水のおかげで全身スベスベになるし、何とも夢のような生活。

当然、メイクはほとんどしていないのだが、唯一気になるのは眉。以前入れたアートメイクもだいぶ薄くなってしまった現在、持参の眉のコート剤『ビューコス』の「ブラックアイコン ラスティングブロウコート」が、予想以上の活躍っぷり。

こちら、バラエティショップで買える可愛めのお値段。ところがどうしてどうして、なかなか侮れない! 焦げ茶色のリキッドタイプなのだが、ひとなぞりで「いつもの眉」を防水仕様にしてくれるだけでなく、すううっと糸が抜けるが如くに繊細な眉尻も実現。しかも、その「もち」がとても良いのだ。

プールでジャボジャボしても、うつぶせになってボディマッサージを受けても、しぶとく残った眉尻にちょっぴり感動。
[PR]
# by vogue_aso | 2007-05-14 23:01
ウトコ再訪<その1>。
e0037001_0533863.jpgGWは約半年ぶりに高知・室戸岬の「ウトコ ディープシーテラピー センター&ホテル」へ。

初日はひとまず高知市内に宿泊。初ガツオの塩たたきを始めとする、新鮮な居酒屋メニューをシコタマ飲み食いし、2日目からそれらのデトックスも兼ねて(?)室戸入り。オーシャンビューのお部屋、塩味のプール(←海洋深層水ですし)、頭カラッポでダラダラ過ごすプールサイドは、相変わらず最高である。

満室だったのでひょっとしてプールも混むかな? と覚悟して訪れたのだが、普通のプールと違って、長く浸かれるものではないし(体温とほぼ同じ37℃に設定された、ミネラルたっぷりの海水は、温泉と同じでそれなりに疲れるのだ)、途中交替交替でトリートメントを受けるので、案外“人口密度”を感じさせない。実に上手い動線づくりだと思う。 

また「ウトコ」に居ると、本当にカラダが締まる。食事も前回に増して美味しくて(写真はディナーでいただいたヒコシロ<赤イサキ>。全編、このような地の食材を生かした、ヘルシーな“スパ・キュイジーヌ”なのである)、ええぃままよ! とバクバク。ところが海洋深層水の効果なのか、体重は東京出発時(←デブでした)より1.5キロ減という不思議。

嗚呼、もっと長く居た〜い!
[PR]
# by vogue_aso | 2007-05-11 00:53
おやすみセット。
e0037001_1122470.jpg「モーニングセット」に続き、肌状態が良い昨今の“夜のケア”一覧。

『B&Cラボラトリーズ』の「レストジェノール アクティブコラゲノール ミスト」:夜のケアは大抵お風呂上りに行うので、コットンも掌も使わなくて済む、スプレー式の化粧水が便利。というわけで、お薬っぽい独特の匂いが案外病みつきになる「レストジェノール」のミスト状ローションを、顔だけでなく頭〜背中まで、全身にプシュプシュ。ただ問題は、容器がオシャレ過ぎて少々使いづらいこと。手に馴染まないので、プシュプシュプ……くらいで毎度止まってしまい、そこだけちょっとストレス。中身がいいのだから、普通のスプレー容器で十分なのにぃ。

『イプサ』の「オン ザ ピーク アイエステティクス クリーム」:朝と一緒。

『CPコスメティクス』の「ソワーニュ アクアフィット ウォータークリーム」:朝と一緒。

『RoC』の「レチン‐Ox+ セラム M」:「10 Years Back」のコピーで話題を呼んだ、「レチン‐Ox+ナイト エッセンス」の上級者ヴァージョン(6月9日発売)。レチノールの肌への浸透力が、何と従来品の3倍アップしたのだとか! 当然、夜専用で(レチノールと日光は相性が悪い)、ケアの最後につけるのだが……はっきり言って効きます! これは。
ときたまピリっとするので、肌のあまり強くない私は、ややおっかなびっくり。それでも使った翌朝の肌は、何ともいえないもっちり風味で、ある種麻薬的味わいなのである。基本“シワ”対策製品なのだが、使用実感としては、むしろ肌全体にガツンと喝を入れて、シメる感じ!?
注意すべきは、他のアンチエイジング系の製品(レチノールを含んでいるもの)に重ねないこと(いくらなんでも刺激が強すぎるので)。まあでもそのくらい、久々に出会った“ホネ”のある美容液。只今の絶賛(←まさに)お気に入りである。
[PR]
# by vogue_aso | 2007-05-07 11:02
モーニングセット。
e0037001_23423100.jpgヒマにしているせいか(ウソです編集長! 先月比、ってことで)肌の調子がよい。ついでによーく食べてるので、体重も絶好調ですが(こちらは何とかしないと)。

もちろん、現在使用中の製品群(写真)が、とても肌に合っているということもあるのだろう。これは自分のためにも(すぐ忘れるから)メモメモ!

『RMK』の「スキンチューナー スムーサー」:朝はぬるま湯ですすぐだけ、のズボラ洗顔を励行している私。そんなこともあって、化粧水は“拭き掃除”の役目も果たしてくれる製品が好み(じゃないとやっぱりなんだかサッパリしない。日本人だなあ……)。この「スキン チューナー」は、コットンに含ませ肌を拭き上げることで、余分な角質を取ってくれる&水分補給が一体化したスグレモノ。しかもリニューアルしたばかりで、より使い心地がマイルドになった気が。柑橘系の甘・すっきりな香りもサワヤカ!

『ヘレナ ルビンスタイン』の「ポア ジーニアス リフト C」:こちらもベストセラー「ポア ジーニアス」のリニューアル・ヴァージョン。毛穴対策製品には基本、眉ツバな私であるが(ヘタに使うとニキビができることもあるし)、この美容液はイイかも! 何と言うか、ベローンと開いた毛穴(大穴!)が、ヴィジュアル的にもキュッと引き締まる感じなのだ。そのわりに毛穴モノらしからぬ、肌に優しいしっとり感。皮脂ガンガンの若者……というよりは、オトナ向けですな、これは。

『ディオール』の「オー・ド・ヴィ エクストレ」:小誌6月号でもご紹介しているが、お値段(税込¥50,400。しかも15mlですよ15ml!)の価値はある美容液。テクスチャーといい、肌への使用実感といい、明らかに“別格”。

『イプサ』の「オン ザ ピーク アイエステティクス クリーム」:アミノ酸たっぷりの「オン ザ ピーク」とは相性が良いようで、以前も全顔用の「オン ザ ピーク クリーム」を偏愛していたくらい。このアイクリームは、アイマスクとセットで販売されているのだが、マスクのほうは、ついつい使うのを忘れてしまう怠惰なワタシ。

『CPコスメティクス』の「ソワーニュ アクアフィット ウォータークリーム」:「何てことない」保湿ジェルクリーム。誤解なきよう! 「何てことない」は、実は最上級の褒め言葉。とりわけ個性の強い美容液を使う場合(今現在だったら前述『ディオール』の「オー・ド・ヴィ エクストレ」)は、こういった保湿のみに特化したユルいモイスチャライザーこそが、「スキンケアの仕上げ&まとめ役」として重宝するのだ(ま、人間社会も似たようなもの……?)。

夜は夜で別メニューがあるので、それはまた次回にメモメモ。
[PR]
# by vogue_aso | 2007-04-27 02:33
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧