VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
<   2006年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧
クリームファンデーション。
e0037001_1052910.jpgここしばらく、リキッドファンデーションを愛用していたのだが、やはり肌の乾燥がどうにも気になる。そこでストックの中から、保湿力の高そうなクリームファンデーションを物色。あ、これこれ、『ヘレナ ルビンスタイン』の「プロディジー ファンデーション」。なんと、ひとたび肌に載せたら、"保水効果"が12時間も続くのだとか。こういうのを求めてたのよね。

「プロディジー」はヘレナの最高級ラインだが、クリーム類が特に素晴らしい出来。基本のアンチエイジングクリーム「プロディジー」、そのリッチ版「プロディジー エクストラ モイスチャー」、そして黒真珠がアイディア・ソースの「ライフ パール」。いずれも美味しく"完食"させていただいた。そのシリーズのファンデーションだもの、悪いはずがない。

案の定、とっても感触goodなファンデーション! 何より私好みだったのは、キメ細かな仕上がりで、肌が上質に見えること。そして保湿力も噂に違わぬ優秀さで、一番乾きやすい頬の部分も、丸一日モチモチである。当分手放せそうにないなぁ、これ。
[PR]
by vogue_aso | 2006-01-31 10:05
コットンor掌?
乾燥が続くせいなのか、はたまた、ただの食べ過ぎ(胃腸の負担)か。肌がやや過敏に傾いている。ニキビが出来たりとか、ザラついたりとか、肌のどこかが「ハッキリ不調」というわけではないのだが、洗顔後の鏡に映る顔が、いつもより微妙に赤いのだ。

20歳前後の……そう、まだあまり美容の知識がなかった頃。ステロイドの軟膏を不用意に使ってしまったことがあり、以来、皮膚の薄さにずっと悩まされている。だから、普通のひとならきっとヘイチャラな"ちょっとした刺激"にも、我が肌はとっても敏感。即、赤く染まって、不調の兆しをうるさいほど「お知らせ」してくれる。

そんなときは、コットンを使ったローションのパッティングはひとまずお休み。どんなに上質で柔らかなコットンでも、繊維による摩擦は、やはり過度な物理的刺激となるのだ。そのかわりにローションをたっぷりつけた掌で、ゆっくりじっくり、肌を優しくプレス。またプレスする際、掌を10秒くらい肌に当てたままにしておくと、人肌の"即席マスク"となり、さらに効果的である。

というわけで、今はそんな「掌づけ」がマイブーム。肌もだいぶ落ち着いてきた気がする。
[PR]
by vogue_aso | 2006-01-30 09:53
ツルツル習慣。
e0037001_11355313.jpgバスタイムに、週に2回くらいの頻度で全身にスクラブをかけるのが、もうそこそこ長い習慣である。

『シスレー』の「エクスフォリアン ムサン プール コール」、『fresh』の「sugar
blossom body treatment(日本未発売)」など、好みのボディスクラブはいろいろあるが、最近今更のようにハマってしまったのが『クリニーク』の「スパークル スキン ボディ エクスフォリエーティング クリーム」と、ボディクリーム「ディープ コンフォート ボディバター」の、ふたつのジャーものの組み合わせ。これ、ほんと肌が理想の状態になるのだ。

ちょっぴりクールな使い心地の前者は、もしかして冬場にはちょっと寒いかな? とも思ったが、バスタブでよーく温まったカラダに使うと、かえって気持ちいいくらい。とにかくスクラブ粒が細かいので、これだけで指が吸い付くような肌になる。お風呂あがり、そこにさらにコッテリとした「ボディバター」(なにしろ名前がいいじゃないですか)をぐいぐい伸ばすと、もうツルッツルのムッチムチ!

ただ「ボディバター」は、あの濃厚さ加減がマニア向け(?)だったらしく、日本ではもう販売されていないらしい。真冬には最高のコンビなのになあ……。
[PR]
by vogue_aso | 2006-01-27 23:35
「ホワイトニング」総決算。
e0037001_1134503.jpg昨年末から綿々と続いている「ホワイトニング」関連の発表会も、そろそろ大団円。スキンケア一式をフルセットでいただくことが多いので、正直、編集部の私の机周りは製品とリリースで大混乱をきたしており、たぶん路上生活者のほうが、よほどスマ−トに暮らしているのでは? とすら思う。自宅のドレッサーも同様で、とり急ぎ持ち帰った夏用のパウダリーファンデーション(バッグにサッと入る大きさだから、持ち帰り易いのである。スキンケアは重量級ゆえ、ついつい後回しになるのだが……)が「お試し」の順番を待ちつつ、日々堆く積み重ねられていく状態……。

今年のホワイトニング新製品、大雑把に言うとふたつの傾向があった。ひとつは「シミの原因は紫外線だけにあらず。あなたの内側=ストレスにも在る」という新機軸、もうひとつは「十分な保湿効果も併せ持つ」という原点回帰のような機能性。後者に関しては、エアコンのトゥー・マッチな完備で、夏でもクリームが手放せなくなった時代に、正直ちょっと対応が遅すぎ……とも思ったが、まあ、現代女性の本当のニーズを満たす製品群が、いよいよ出揃ったということで、めでたくシャンシャン。

小誌のホワイトニング特集(といっても、もちろんタダの美白カタログではありません。なんたってVOGUE NIPPONですから)は、5月号でお目にかけられる予定。
[PR]
by vogue_aso | 2006-01-26 10:28
リヴ・タイラー。
e0037001_11101711.jpg夕方より、日本橋のマンダリン オリエンタル 東京にて『パルファム ジバンシイ』の発表会。「ブランパルフェ W4-L(4つの過程でWhitening、そして瞬時にLight=光を生み出す、の意味)」もさることながら、楽しみなのは新口紅「リップ・リップ・シャイン!」のプロモートで、ミューズであるリヴ・タイラーが登場すること。これはもう、行くしかないでしょ。

生リヴさん、本当に可愛かったです。子育て中のせいなのか、ちょっとガタイはしっかり気味だったが、表情が言動が、とにかくチャーミング。「やっぱり生まれながらのセレブは(余裕が)違うよねえ」と、ビューティ・チームで意見が一致。たぶんリヴさんには「あたしがあたしがっ」「のし上ってやるわ」的な発想がないのだ。一瞬だけ登場して、すぐ楽屋に戻ってしまうセレブも少なくない中、招待客でごった返す会場を、普通に歩いてしまう彼女は最高に素敵。

ちなみに私、リヴさんと目が合い「そのリップ可愛い!」と、なんと直々に唇をほめられてしまった。ビューティ・ディレクターとしての面目躍如!
[PR]
by vogue_aso | 2006-01-25 22:57
月桃パワー。
e0037001_1191975.jpg「朝は顔を洗わない(正確にはぬるま湯ですすぐだけ)」が基本の私だが、たまにそれだけではイマイチ気持ちが悪い……という時もある。そんな場合、便利にしているのが『レセラ』の「ムーンピーチ プレシャス クリアミスト」。沖縄の伝統ハーブ「月桃(げっとう)」の葉の蒸留水なのだが、タオルで水気を拭き取った顔に、もう一度洗顔する気分でたっぷりスプレーし、掌で馴染ませたあと、余分を再度タオルでオフ。そうすると天然の抗菌作用があるためなのか、「さっぱり&しっとり」が同時に叶う。

そういえば以前、沖縄へ行った時に買い食いしたおまんじゅうは、月桃の葉で包まれていたっけ。また、お土産に買った月桃のお茶は、まるでプロポリスのような匂いがした(もしかして成分が近い? 同じくらい抗菌・抗酸化作用が強いということなのだろうか)。琉球王朝の頃から民間薬として利用され続けてきたそうだが、何とも沖縄らしい、不思議な植物である。

お風呂あがりの顔に、とりあえずシュッシュッ。調子の悪い部分(デコルテの吹き出物など)にもシュッ。スプレー式である点も、相当重宝している。
[PR]
by vogue_aso | 2006-01-24 23:52
『VOGUE NIPPON』3月号。
e0037001_1155825.jpg今月末発売の3月号が、ひと足早く編集部に納品された。見本誌を開く時はいつもドキドキである。ページの順番は正しいか? 印刷の色は綺麗か? 校正した文字はちゃんと直っているか? などなどなど。実はすでに2か所「アチャー」があるのだが、幸い、大事には至らない部分(むしろあまりに間抜けな間違いなので、不謹慎にも笑ってしまった)だったので、ナ・イ・シ・ョ……。

毎月「今度こそ完璧」を目指して作っているつもりなのに、100%ってほんと遠い道のり。所詮いたらぬ人間のやること、とはいえ、大いに反省しておりますので、「アチャー」をみつけてしまった方、どうか「ははーん、麻生がブログで言ってたのはココだな」と、ニヤつく程度でお許しくださいませ。

さて3月号。最大のトピックスは、VOGUE Beautyの位置が変わったこと。2004年の9月号より“本誌とは逆の左開き”でお届けしていたのだが、キャンペーン期間終了(?)ということで、本誌の中程にお引っ越し(そのほうが、本全体の流れを考えるとやはり自然……というキャッシー&アヤの判断)。連載の体裁も一新、デザイン的にもより楽しく、よりVOGUE NIPPONっぽい独自性を持たせることを心がけたが、読者の皆々様のご感想は如何に? 
[PR]
by vogue_aso | 2006-01-23 20:02
「バブ」温故知新。
e0037001_195151.jpg「ここはニューヨークか?」と思うほど寒い。明日は東京は一日雪だというし……。こんなときはお風呂で温まるに限る。

実は昨日、ディナーだけでなくランチも「ピエール・ガニェール・ア・東京」と、話題のフレンチだったのだ。何と幸せな食生活(実は化粧品と同じくらい、“美味しいもの”にも執着が激しいのである)。ただ、あんまり調子に乗ってると、高脂血症か痛風(女性はあまりならないとは聞くが……)まっしぐら。少なくともデブまっしぐら。週末はワカメと大根おろしで過ごそう……(←たぶん無理だけど)。

話をお風呂に戻して。昨晩はそのランチをご一緒した『花王』広報の清水さんからいただいた、「バブEX」をバスタブにドボーン! 血行促進効果に優れた「オクチルフタリド(セリ科のせんきゅうという植物の成分)」+炭酸ガスの入浴剤なのだが、これが何ともイイ。あまりに身近すぎて逆に最近、意識になかった「バブ」だが、改めて使ってみてその威力に感動! とにかく温まる。また、バブはバブでもこの「バブEX」は、通常のバブが45gのタブレットなのに対し、75gというビッグサイズ。「成分がググっと濃いめのお湯」といった感じで、そこもまた私好み。しかも和漢生薬のお湯のわりに臭くないし、もうかなり夢中! なのだ。

入浴後もホカホカ感が長続き。いつまでも温かいので、ついつい夜更かししてしまう(ニンテンドーDS「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」のせい)ことだけが、新たに発生した問題である。
[PR]
by vogue_aso | 2006-01-20 22:18
シャネルの新口紅。
e0037001_171934.jpg発表会のハシゴを経て、19時半より『シャネル』の新口紅「ルージュ アリュール」のお披露目ディナー@ベージュ東京。お馴染み「歩くシャネル秘宝館」、ドミニク・モンクルトワ氏とともに、ゆったりとスペシャル・ディナーを楽しんだ3時間。銀座のシャネルビル最上階にあるベージュ東京は、都合4回目の訪問になるのだが、回数を重ねる毎、どんどんこなれて、どんどん美味しくなっているような気がする。

さて、主役である新口紅のお話。この「ルージュ アリュール」、ルックスにまず惚れてしまった。まるでシャネルビルのような、すとんとシンプルなブラックボックスは、まずキャップの取り方からして謎なのだ。ええっ? そうやって開けるの? ここを押す? あ、なるほど……! 事程左様に近未来的でありながら、最終的には、誰がどう見てもやっぱりシャネルの口紅。「ネタ、尽きないなぁ。シャネルさん、ホント毎回よくやってくれますわ」というのが、シャッポ脱ぎまくりの私の正直な感想。

そんな「ルージュ アリュール」は4月14日発売。ラヴいカラー揃いの全22色。『VOGUE NIPPON』誌上では、4月号のリップ特集からお目見えです! 
[PR]
by vogue_aso | 2006-01-19 23:34
またまた「完食」。
e0037001_1014328.jpgといっても今回は、クリームはクリームでも「クレンジングクリ−ム」。写真ではわかりにくいかもしれないが、ジャーがビッグサイズ(190g入り)だから、ついついガバッとすくい取り、たーっぷり使ってしまった『ランコム』の「アプソリュ クレンジング クリーム」である。

トロットロのクリームは、「このままお湯に溶かしたら、贅沢なミルキーバスになっちゃうんじゃないか?」もしくは「シューの皮に詰めておいたら、家人は絶対食べるに違いない」ほどのなめらかさ。要するに、クレンジングにしておくにはもったいない(?)スペシャル感なのだ。うーん、肌にも心にもリッチ! 後肌はフワフワになるし。『ランコム』は、やっぱりこうでなくっちゃね。

追記:このクレンジングクリーム、本来ならもう店頭に並んでいるハズなのですが、諸事情により、何と発売が延期になってしまったのだそう(発売日未定)。どうしてなんでしょう? 残念……!
[PR]
by vogue_aso | 2006-01-18 23:54
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧