VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
2006年 06月 13日 ( 1 )
まるでお菓子のような……!
e0037001_11192930.jpgさて問題です。オサラに載っているのは、一体何でしょう?

生チョコレート? アイスクリームケーキ? レバーのパテ? ……否! 正解は9月1日に発売される『ポール&ジョー』の新しいファンデーション「クリーミィ コンパクト ファンデーション」。

もちろんこれは発表会のために用意されたイメージであり(現物もこんな大きなブロック状だったら相当オモシロイのだが、まあでも、ひとたび興奮が覚めたら邪魔になること確実である……)、実際は可愛いコンパクトに薄く流し込まれているのだが、とにかく何とも“初めての質感”。

『ポール&ジョー』はここ数年、傑作ファンデを絶賛輩出中なのだけれども、今回もこれまた本当にユニーク。製作にあたっては「冷やしたり」「固めたり」「寝かせたり」という、お菓子作りの工程がヒントになったようだが、写真のようにナイフを差し込むと、まさに生チョコをぐいっと切ったかのような「やわらか・ねっとり」具合。そしていざ肌に塗ってみると、あらまぁびっくりの「さらさら・しっとり」感触に変化する。

ちなみにホンモノのお菓子が食べたくなった人のために(?)、発表会会場である国立競技場の特設テント内は、即席チョコレート工場と化しており、「モンサンクレール」辻口パティシエ(ご本人も登場)のケーキが食べ放題(いつも思うのだが、辻口さんのお菓子はポルカのように軽やかでなめらかで、ほんと上手に“現在の気分”や“時代の空気”を取り込んでいる)。甘いモノ好きとしては、最高に幸せなひとときであった。
[PR]
by vogue_aso | 2006-06-13 10:53
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧