VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
2005年 10月 17日 ( 1 )
ナンシー、ガブリエル、アンディ来日。
e0037001_13215843.jpg『VOGUE NIPPON』の海外チームが来日。編集部のファッション担当者は、この先2日ほど、彼女らとともに大会議室にカンヅメになる。半年に一度、NY、ミラノ、パリのコレクションが終わるたびに繰り返される、長い長いミーティング。コレクションの内容を受けて、来春までのファッションテーマや撮影の段取りを決めるためである。

ファッション・ミーティングには参加しないが、万が一のため(?)目ヂカラでも強めておこうかなあ……と思い、本日のアイメイクはラインを強調したものに。使用したのは『ルナソル』の「インテレクチュアル リクイドアイライナー」。EX01という、約2年前に限定発売された渋いカーキ色の筆ペンである。ただの茶より強く、ただの黒よりニュアンスがある、本当に使える1本。

「グリーンの隠し味は女をキレイに見せる」が持論の私としては、この“グリーニッシュ グレイ”は願ったり叶ったりの色なのだ。えんじやゴールドのアイシャドウにプラスすると、「こなれた感じ」を巧みに演出してくれるし、品質的にもまぶたへの「のり」がよく、筆先のコントロールもききやすい(つまり望んだラインが描ける)。使いきってしまう前に、再発売されないかなあ、このカーキ。

追記※……などとつぶやいていたら、なんとなんと! 本日(10/27)の「ルナソル 2006年春の新色発表会」で、この“グリーニッシュ グレイ”再発売のニュースをゲット! 復活を望む声多数につき、1/20より定番化決定だそう。ああ、びっくりした&よかった!
[PR]
by vogue_aso | 2005-10-17 00:00
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧