VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
2005年 09月 20日 ( 1 )
エナジーオブアユーラ。
e0037001_1422185.jpgそろそろ長風呂が楽しい季節の到来である。

私の場合、バスルームに本や雑誌を持ち込むということはあまりないのだが、新製品をあれこれ試すのは大好き。たとえばクレンジングだけでも常に5、6種類出ていたりするので、家人がうっかりオイルクレンジングで頭を洗ったりしないか、たまに心配になる。

さて最近のヒット。「良循環」をテーマにした『アユーラ』の新ライン「エナジーオブアユーラ」が、コンセプトはもちろん、使い勝手もgood! 特に気に入っているのは次の3品で、まず洗い流さない頭皮用オイル「アロマスカルプセラム」。ヘアケアの最後に頭皮に直接つけてマッサージするのだが、頭頂からじわじわと広がってくる独特のジンジン感が、凝り固まったアタマをリラックスさせてくれる。

続いて、濡れた体に使用する「アロマボディーオイル」。ささっと適当に伸ばすだけで、全身にみるみる柔らかなバラの香りのヴェールを形成してくれるので、眠くて一刻も早くベッドに入りたい時など、便利この上ない。

そして“マッサージ化粧水”「ヴァイタルサーキュローション」。専用コットン(を使ったほうが断然効果的!)に含ませ、ぐるぐる、ぐるぐると顔の隅々まで行き渡らせると、肌色が一段白くなり、また余分な角質も取れる気がする。

ベイシックなアイテムに、美容好きのココロをくすぐる“仕掛け”がちょっとずつしてあって、何とも憎いラインアップである。
[PR]
by vogue_aso | 2005-09-20 12:56
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧