VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
2005年 08月 24日 ( 1 )
ヘンシーン。
e0037001_1033449.jpgグランド ハイアットのエグゼクティブ スイートにて、来日中のNY ボビイ ブラウン トップアーティストのグレッグ・ハバード氏にメイクをしてもらう。

このように、たまに他人に「顔」を任せてしまうのはいい勉強。自分では決してしないメイクのパターン(とりわけ眉、リップの形)や色使いだったりして、“思いもかけない自分”が発見できる。

ハバード氏いわく「ちょっと描いては2、3歩後ろに下がって、『遠目から見た自分』を観察しながらメイクするといいよ」。確かに他人が一番見るのは“真正面顔”じゃなく、“ちょっと引き気味の全体像(バランス)”。手鏡の中の、小さく切り取られた空間のみで顔をつくってはダメなのだ。

そんな「独りよがり」を避けるためにも、ぜひコスメのカウンターでもどこでもいいから、ある程度定期的にプロに一からメイクをしてもらうこと。そのメイクが気に入る・気に入らないは別として、得るものは必ずある。
[PR]
by vogue_aso | 2005-08-24 10:32
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧