VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
リキッドアイライナー。
e0037001_10315139.jpgアイメイクの仕上げはアイライン。

“眠そうな目”の私にとって、オフィシャルなメイク、要するに仕事モードの顔においては絶対のお約束事だ。そしてアイテムは99.9%、リキッドアイライナーを使う。

よく美容記事に「アイライン初心者は描きやすいペンシルアイライナーを」とあるが、確かにペンシルはアラが目立ちにくいかもしれないけれど、硬くて細い芯で日々まぶたをグリグリやっていては、そのうちシワになるような気がして、個人的にはあまり賛成できない。

むしろリキッドアイライナーか筆ペンで、少しずつ描く(一気にすうっと引こうとするから難しいのだ!)鍛練を重ねることをおすすめしたい。「不器用だし、無理」とハナから諦めてしまっている方。アイラインこそはとにかく手数、慣れなのです。

ということで、ハイ練習!(写真は『ディオール』の「スタイル ライナー 094」。エナメルのように艶やかな“くっきり黒”にハマり、最近はこればかり使っている)
[PR]
by vogue_aso | 2005-08-23 17:30
<< ヘンシーン。 拭き掃除。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧