VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
復活〜。
e0037001_21293193.jpg最近のマスカラ(ファンデーションもだが)は、どれもホント優秀で、技術力においても仕上がりにおいても、正直甲乙つけ難い。「ヘンなもの」「ダメなもの」を探すほうが大変なくらいである。

とはいえ、なぜか手に取り使ってしまう製品というのは、依然あるわけで、私の場合は『アナ スイ』の「スーパーマスカラ DX フル」(←これに「ロングラッシュ」か「ボリューム アップ」をお好みで組み合わせれば、もう怖いものなし!)と『シャネル』の「イニミタブル ウォータープルーフ」が、“えこひいき”中のマスカラ。どちらもビューラーで上げたカールを下地なしでも伸ばすことなく、パチパチおめめをつくってくれる。

が、ここのところ、まつ毛自体の「上がり」がよろしくない。マスカラに、先述のお気に入りのヤツらを選んでも、である。もしかしてビューラーのほうに何らかの問題ありき??

ちなみにこの半年くらい愛用しているビューラーは、『NARS』の「アイラッシュカーラー」(昨年末の限定販売品。とっても使いやすいので、定番になればいいのに!)。マットブラックのコーティングが、いかにも『NARS』で格好いい一品(またこの“ツヤ消し”仕上げは、手に持ったときにすべりにくい、という実質的な利点もある)。うーん、でもたかだか半年でバネがイカれちゃうってことはないだろうから、まずはゴムを替えてみようかしら? でも替えゴムがどっか行っちゃって、すぐには見つからないよう……。

フト思いついてゴムを取り外し、石鹸でよ〜く洗ってみる。拭いて水気をとった後、ビューラーにはめ直して、試しにまつ毛をグィィィ! わ、嘘みたいにアップ力が復活!!!

「近頃、いくら力を入れて挟んでも、まつ毛の上がりがどうもいまいち」と感じている方。ぜひ一度お試しを。
[PR]
by vogue_aso | 2007-06-21 21:29
<< 復活? 登竜門。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧