VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
リフレッシュ。
e0037001_20243070.jpgデスクワークが行き詰ったときなどの、ちょっとした気分転換……といえば「香り」である。最近は自分につけるだけでなく、頭の上で『ゲラン』の「アクア アレゴリア」の新作をひと吹きし、周囲の空気ごとリフレッシュ。「アクア アレゴリア」には秀作が多いが、現在は6月1日発売の“マンダリン バジリック”にハマっている。

名前のとおり、ベースはオレンジなのだが、そこにバジルのちょっぴりクセのあるグリーンが混ざって、ホントにいい香り♪ 同シリーズには“パンプル リューヌ”という、グレープフルーツの香りもラインナップされているが、あれと同様、苦味(つまりはオトナな味付け)の出し方が、さすが『ゲラン』でお上手なのだ。

香りのことに触れた数カ月前の小誌の連載『Jan Says』で、Janが「決まってベチバーにやられる」と書いていたが、私の場合はそれがアンバー。アンバー入りの香りには、本当に無条件幸福(ちなみに現在のところのマイ・ベスト・アンバーは『エルメス』の「アンブル ナルギレ」)。そしてこの“マンダリン バジリック”にも、やはり、という感じでそれが入っていた。  

最後に。ちょっと話が逸れるが、柑橘系といえばバラエティショップ展開の『アヌエヌエ』も、何とも郷愁を誘う香りである(ハンドバームとかリップバームとか)。「お菓子解禁♪」になった直後の、小学生の遠足のバスの中の匂い?? 誰もがひとつは持ってきていた、カバヤのジューCとか、明治製菓のミオとかね。あ、昭和な人にしかわかんないか。
[PR]
by vogue_aso | 2007-05-31 20:24
<< ペディキュア救急隊。 骨格矯正。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧