VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
ウトコ再訪<その2>。
e0037001_2305516.jpg滞在中は日がな一日、プールサイドで読書。そして気が向いたら、プールか屋外のジャグージにジャボン! 海洋深層水のおかげで全身スベスベになるし、何とも夢のような生活。

当然、メイクはほとんどしていないのだが、唯一気になるのは眉。以前入れたアートメイクもだいぶ薄くなってしまった現在、持参の眉のコート剤『ビューコス』の「ブラックアイコン ラスティングブロウコート」が、予想以上の活躍っぷり。

こちら、バラエティショップで買える可愛めのお値段。ところがどうしてどうして、なかなか侮れない! 焦げ茶色のリキッドタイプなのだが、ひとなぞりで「いつもの眉」を防水仕様にしてくれるだけでなく、すううっと糸が抜けるが如くに繊細な眉尻も実現。しかも、その「もち」がとても良いのだ。

プールでジャボジャボしても、うつぶせになってボディマッサージを受けても、しぶとく残った眉尻にちょっぴり感動。
[PR]
by vogue_aso | 2007-05-14 23:01
<< ワキの下さえ美しく!? ウトコ再訪<その1>。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧