VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
早々と完食。
e0037001_22575728.jpg久しぶりにペロリといったのは、『シャネル』の「ボディ エクセレンス ファーミング クリーム」(5月11日発売)。

何でもインドネシアの伝統的なハーブ療法“ジャムウ”に使われるパープル ベングル(出産後の女性のお腹に塗られるほどの、抜群の引き締め効果を誇る)というハーブを配合したとかで、そのせいなのか、ねっとりと粉甘〜い香り。正直、まずここで好き嫌いが分かれると思うのだが、この匂い、わざとすぐに消えるように設計されているそう。つまり、次につけるレギュラーの香水の邪魔をすることなく、クリームとの刹那の情事(?)が楽しめるというわけ。さすが“香り使い”のシャネル。そして極めておフランス的な発想??

塗りたては、決して重くはないのだが、着たパジャマが肌に貼り付いてしまうくらい、結構ペタペタする(←ベタベタ、ではなくペタペタ、というところがミソ)。ところが一晩寝て起きると、ペタペタは一転、シルクのようなシュルシュルの肌触りに変化。なんじゃこりゃ!? ナルシストならずとも、ずっと我が身を撫でさすっていたいような、実に心地よ〜い感触。これにはかなりびっくりである。

乳液ヴァージョン「モイスチャー ミルク」も同時発売されるが、肌フェチを自称する人にはやっぱり365日、クリームがオススメかも。
[PR]
by vogue_aso | 2007-04-05 22:58
<< 天日乾燥まいたけ。 転ばぬ先のフットウェア。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧