VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
80's なオンガク(R‐35指定)。
e0037001_15215734.jpg唐突ですが、アマゾンは素晴らしい!

YMOの面々がTVCMに登場した(み〜んな白髪頭になっちゃって……)のをきっかけに、突如どうしても聴きたくなったのが、高橋幸宏氏のソロアルバム『薔薇色の明日』。

ちょっぴりドキドキしながらアマゾンを検索したら……あ、あった! そして3日後には我が家のリビングに響く、あまりに懐かしい歌声。ああ、アマゾンのシステムって何てすごいの! 当時(←高校生です)はクラスメイトか貸しレコード(!)屋で借りてテープにダビングするか、また持っていたとしてもLP(!)だったので、どんな名曲・名盤も事実上散逸、もう二度と会えないくらいに思っていたのに。こんなにあっさり手に入るとは。

そんなこんなでいろいろ購入してしまった、懐かしの名盤。写真の大江千里氏の『1234』(「Rain」、名曲です)、エコーズ(和製U2みたいな辻仁成氏のバンドですね。当時、超モラトリアム入ってた大学院生だった私は、かなり夢中で、日比谷野音なんかにも行きました)の『Heart Edge』のほかにも、鮎川誠氏ソロアルバム『ロケット・サイズ』、ROGUE(VOGUEにあらず)etc.etc.、うーん、わかる方にはわかりすぎるけど、わからない方にはたとえ同世代でもまったくわからない、我ながら偏ったセレクト。

しかし20年後に聴く歌たちは、懐かしいのと同時に、当時とは歌詞の“聞こえ方”がまるで違う。これも20年を経た人生の重みってやつですか?
[PR]
by vogue_aso | 2007-02-23 15:22
<< お返事です<その2>。 美味しいお茶。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧