VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
濃ゆいオンナ。
e0037001_16165925.jpg新年あけましておめでとうございます。久しぶりに2週間近いお休みをいただきまして、心身ともにかなりメンテナンスができました。本年も『VOGUE NIPPON』を、何とぞよろしくお願い申し上げます。

さて、2007年の拙ブログ、筆始は「香り」のお話。

年末の、かなり差し迫った時期に届いた『トム・フォード』の「ブラック オーキッド」。この香りの成り立ちについての詳細は、トム様のインタビュー記事(今書店に並んでいる小誌2月号)をご参照いただきたいのだが、実際どんな匂いがするのか、ビューティ・チーム一同興味津々。

む……。こ、こ、濃ゆい! でもちょっとだけフルーティ?(但しマンゴーのような南国の果物系) まさに予想していたとおりであり、予想を裏切られたようでもあり。ぶわーっと半径5m四方に立ち昇る香りは、とにかくとても主張が強い。

ビューティ・チームにおける20代の通称“年少さんチーム”村松と猪狩は、あまりの未知な体験に、正直ズルズルと後退していったが、栗原と私の“年長さんチーム”は、「濃いねえ」と言いつつ、「まんざらでもない」感想。これっておそらく『ディオール』の「プワゾン」をリアルタイムで経験しているかいないかが、非常に大きいのだと思う。しかも嗅げば嗅ぐほど、なんだか好きになってしまう、このミョーな高揚感。今現在、主流となっているライトなフレグランスとは、真逆の立ち位置だけれど、ひょっとしてひょっとするとこの香り、第2のプワゾン現象を巻き起こすかも???

嗅いでいるうちに、突如閃いてしまったトム様からの啓示。2007年以降は「濃ゆいオンナ」が来るに違いない! 濃ゆいの意味は、別に厚化粧というわけではなく、その生きるスタンスやマインドががっつり「濃い」ということ。「ブラック オーキッド」ブームとともにそんなトレンドが来たら、結局ドッカンドッカンしたものが好きな私なんぞは、かなり「歓迎」なんだけどな。
[PR]
by vogue_aso | 2007-01-09 16:17
<< 旅のお供<その1>。 極私的コスメ大賞。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧