VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
SUPER オーガニック。
e0037001_23582073.jpgNYの「脱・トランス脂肪酸(天然には存在しない脂肪酸。マーガリンやショートニングなどの加工油脂全般)」宣言など、世界規模でますます高まる健康志向。日本のコスメ業界でも、2007年は確実にこれが「来ます」ね。

先日、ギリシャのホメオパシー化粧品『コレス』をこのブログでご紹介したが、7月に上陸したロンドン発の『オーガニックファーマシー』もかなり面白い。薬剤師&ホメオパス(ホメオパシーの資格を持つ療法医)のマーゴ・マロンという女性が、2002年に立ち上げたブランドで、製品群はその名のとおり、限りなく100%に近いオーガニック原料のみでつくられている。容器は簡素だが、マドンナやステラ・マッカートニーなどの“オーガニックに一家言ある”うるさ型セレブ御用達とか。

私がとりわけ気に入っているのは、バーム状のクレンジング「キャロット バター クレンザー」(写真)。一見モサモサした固形タイプだが、肌に伸ばすと体温でスルスルとオイル状に変化。充分に汚れに馴染ませた後、専用のクロスで拭き取って使うのだが……アッと驚くのは、拭き取りの直後。肌がパーンと発光するかのごとく、白くクリアになるのだ。毎度鏡を見てびっくりである。こんなクレンジングは初めて!

その他、すごくいい香り(私好みの甘さっぱり系)の「ハーバル トナー」も、Tゾーンのベタつきが気になるときなどに、深呼吸しながら使っている。
[PR]
by vogue_aso | 2006-12-20 23:58
<< 「レヴュー」。 隠し味。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧