VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
さすがボディケアの雄!
e0037001_2331339.jpgそろそろお風呂上りにボディローションでは間に合わない季節である。寒くなってきたら使おうと思っていた、コテっとしたクリームはどこに入っていたっけ?

し・か・し……。冬の間のスリミングケアはどうします? スリミング剤(サッパリしているローション系が多い)にボディクリームを重ね塗り? でもそれって面倒臭いだけでなく、素っ裸で全身をゆるゆる二往復もしていたら、湯ざめすること必至なのでは。

そんなジレンマというか、問題点を解決してくれたのが、『クラランス』のニューフェイス「アディション マンスール コンセントレイト」。数滴混ぜることで、ただのボディクリーム(っていう言い方もヘンではあるが)にスリミングの効果をトッピング、というこの製品、聞けば「なあんだ」なのだが、二度塗りせずとも、このようにあらかじめ掌の上で混ぜてしまえばOKとは、まさにコロンブスの卵! さすが、自他共に認めるボディケアの雄、『クラランス』である。

スペシャルな量のカフェインが配合されているとウワサのこのアイテム、混ぜるのは数滴でよいそうなのだが、ついつい余計に垂らしてしまって目減りが早い。ダイエット鍼にも通ってることだし、ぐいぐい結果が出てくれればいいのだが。
[PR]
by vogue_aso | 2006-10-23 23:31
<< 美人お粉。 ダイエット鍼<その2>。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧