VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
ダイエット鍼<その2>。
「はっきりいってウチの鍼は太いです」「痛いです」。そ、そ、そんな。鍼自体が初体験の、まな板の上のコイにはあまりに恐ろしい発言。先生、そんなに正直に脅かさなくても〜!

「ハイ、じゃあ刺します」キィィィッと歯を食いしばりながら、一発目をプツッ! 刺すときはチクリ程度で、覚悟していたほど痛くはなかったのだが、より深く刺し込むときにズズーン! と全身に響きわたる鈍痛に見舞われる。くぅぅぅ……。

初回は一度に4本の鍼を、お腹やら足やら手首やらに約20分ずつ3パターン。翌日は同じように、ただ少し時間短めに。

ちなみに鍼を打った日は、摂食中枢に強く働きかけるのか、この意地汚い私が全然「食べたくない」のだ。もしくはお腹は空くのだけれど、ちょっとの量でコト足りてしまう。確かに、これなら痩せるかも??

ただ、体重計の針そのものは相変わらず見飽きた数字を示し、朝晩で500gの増減を繰り返すのみ。さすが無駄に根性のある私のカラダである。でもまあ、巨デブというわけではないので、そうそう目に見えて減りはしないだろう。また、「ダイエット鍼」というネーミングが前面に出ているが、実際は自律神経の働きを正常にして、体調をよくしていくものだと個人的には理解している。500g〜1kgの変動なんて、一日のうちでもあるし、細かな数字に一喜一憂することなく、ここはじっくり構えることに。

経過報告は随時このブログでさせていただきます!
[PR]
by vogue_aso | 2006-10-18 23:32
<< さすがボディケアの雄! ダイエット鍼<その1>。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧