VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
「攻め」のマスク。
e0037001_11362630.jpgゴワついていた肌も、『アクセーヌ』のマスクを夜のお風呂上りに3日続けて使ったことで、かなり回復。マスクの効果ってやっぱりすごい!

すっかりマスク癖がついたうえ、肌も普通レベルに戻ったので、本日より“攻め”系のマスクにシフトチェンジ。写真の『SK-II』の「サインズ デュアル トリートメント マスク」(11月21日発売)は、しわが気になる顔の「上半分」と、たるみが気になる「下半分」に、別々のアプローチをしてくれるユニークなマスク。ほんと『SK-II』の、毎度毎度のコロンブスの卵的発想には脱帽である。これはもう、社内にカリスマ・マーケティング・ディレクターとマッド・サイエンティストが居るとしか……??

マスクのとりわけ「下半分」。適度に伸びる素材なので、あごに引っ掛けてグイィッと持ち上げると、フェイスラインがリフトアップされた状態で固定される(しかも、これまたちょっとやそっとのことでは剥がれない、私好みの設計!)。贅沢だけれど、これを毎日実行したら「整形いらず」の小顔でいられそう。

そう、肌というのはフシギなもので、日々きちんと“癖づけ”をすれば、それなりに応えてくれるものなのだ(まさに肌も躾が肝心!)。個人的な意見だが、私はいわゆるプチ整形の類にも、本格的な「切る」タイプ(?)のリフティングにも、別に反対はしない。近い将来、自分だってチャレンジするかもしれないし……。ただ、日頃何ひとつ努力しないで手術で“一発逆転”を狙う発想は、あまりに即物的で、女の人としてエレガントではないなぁ、と思うだけ。

というわけで、こういったスキンケアでコツコツと地道にリフトアップを目指すのが好きである。
[PR]
by vogue_aso | 2006-09-28 11:20
<< リムジンでお出迎え? 原点帰り。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧