VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
「守り」のマスク。
e0037001_2454820.jpg夏場の不摂生が今になって肌に表れてきた。見た目、というより顔を触ったときに感じる、何だかざらりといや〜な気配! 毛穴が詰まっているような、肌が硬化しているような、“美容”本能的に「危険」な触感である。

こんなときは何はなくとも水分補給。それもひたすら“守り”系の、優しいフェイスマスクがいい。というわけで、早速ストックの中から『アクセーヌ』の「シーバム クリーンウォーター ACモイスト マスク」を取り出す。

キュッとした吸い付くような手触りのマスクは、顔への貼りつき加減が心地よく、かなりのお気に入り。瑞々しいのに液ダレしにくいのも特徴で、マスクをしたまま他の作業もできるから、せっかちな私にはありがたい。この『アクセーヌ』のACシリーズ、元々“乾燥性大人ニキビ”のための製品ラインで、抗菌効果と保湿効果を併せ持つ「キトサンAHA」の配合が特徴。ニキビもさることながら、今回のような明らかに代謝が悪くなった“停滞肌”にもぴったりなのだ。

たっぷり美味しい水を飲んだ肌は、かなり柔らかさを取り戻した感じ。
[PR]
by vogue_aso | 2006-09-23 02:45
<< 原点帰り。 実は目もとが……<その2> >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧