VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
最近の「繊維」は優秀です。
e0037001_1312887.jpgなにげに『CPコスメティクス』の「サティシェ」のマスカラをヘビー・ユースしている。カールキープ力の強いイモ虫形のマスカラ「ステイカールマスカラ」も非常に出番が多いが、7月上旬発売のボリュームタイプ「エクストララッシュマスカラ」も、なかなかの優等生だ。

2本とも派手なパフォーマンスこそないが、地道に得点を重ねて、結果「信頼」を勝ち得る生真面目タイプ。「使いやすく」「ちゃんとまつ毛に存在感が出て」「しかもオフが簡単・楽チン」……この“普段遣いのマスカラ三原則”にきっちり則った製品なのだ。

それにしても、この「エクストララッシュマスカラ」もそうなのだが、昨今の繊維入りマスカラは、丸一日つけていても繊維がパラパラと落ちてこない。以前はとてもじゃないけど、コンタクトレンズと併用なんぞ不可能であったのに(ハードレンズをしていて何度、「泣くような思い」をしたことか……)。進歩したものである。
[PR]
by vogue_aso | 2006-06-19 13:12
<< 「デランジェ」。 カラオケ気分。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧