VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
死海の神秘。
e0037001_2472853.jpg一難去ってまた一難。6月号の校了は終わったものの、GWまではやはりバタバタだ。相変わらず楽しみといえば、夜中のバスタイムだけ。

というわけで、またもや入浴剤の話である。“完食”寸前なのは、『CCBパリ』の「ナチュラル シー ビューティ」のバスソルト。洗面台の下に、アロマオイルからバスキューブから、あらゆるタイプの入浴剤を各種揃えてあるのだが、疲れて帰ってくると、どうしてもこちらをバスタブに放り込んでしまう。はっきり言って色も香りもない“お湯”なのだが、今のところなぜかこれが一番リラックス出来、しかもよーく温まる。さすが、死海のミネラルの神秘?

ちなみに「ナチュラル シー ビューティ」は、ボディクリーム関係も地道に素晴らしい。5月22日より、バスソルトも入った「トラベルキット」が発売されるようなので、ご興味のある方はぜひ。
[PR]
by vogue_aso | 2006-04-28 02:45
<< 「魚豆根菜やまもと」&「白金劉安」。 バラの香り。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧