VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
ラッシュ バー。
e0037001_10462141.jpgコレクションも一段落し、2006-2007A/Wのファッション傾向が出揃ったところで、半期に一度のビッグ・ファッション・ミーティング。ガブリエル、アンディ、インターナショナル・ビューティ・ディレクターのキャシーも来日し、斎藤編集長以下ディレクター・クラスが大会議室に全員集合。

風邪をひきかけのキャシーが早々に宿泊ホテルに戻ってしまったため、出席を諦めていた『シュウ ウエムラ』の「ラッシュ バー」の発表会に急遽お伺いできることに。表参道の会場には、最高にキュートなフェイク・アイラッシュをつけたPRの牧野さんをはじめ、秀先生ご本人もいらして、大ファンの私は大感激!

“目ヂカラの最終兵器”ともいえるフェイク・アイラッシュ。購入したものをその場でアーティストが装着してくれる、表参道本店内の「ラッシュ バー」は、昨年の開設以来、かなり好評のようだ。このたび開設1周年を記念して、本店2階にて「シュウ ウエムラ アイラッシュ作品展 fashion statement on eyes」を開催。新作のほか、1968年に第1作が発表された「シュウ ウエムラ モード メイクアップ」の中から、アイラッシュがポイントになった作品などを、より抜きで展示している(入場無料、4/2(日)まで)。

ちなみに最新のアイラッシュのイメージ・ヴィジュアルは、秀先生と小誌でもたびたびお世話になっているフォトグラファーの土井浩一郎さんとの、惚れ惚れするようなコラボレーション。店頭にどーんと飾ってあるので、お通りがかりの際はぜひご注目を。
[PR]
by vogue_aso | 2006-03-17 00:58
<< 長い一日。 今の肌に「プラスもう一品」する... >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧