VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
美容おやつ。
e0037001_9595767.jpgデスクワークが長く続くと、口寂しくなるのは皆一緒だと思う。でもそこで"おしのぎ"に何を食べるかは、美容生活にとって由々しき問題。カカオ70%以上の苦いチョコやアセロラガム、ミックスナッツの缶などを常備しておいたこともあったが、いまいち美味しくなかったり、虫歯が心配だったりしてどれも結局続いていない。

そんな中で出会ったのが『カネボウ薬品』の「アプレアEC」。いわゆるビタミンB、C、Eの錠剤なのだが、グミもどきというか、そのままアメのように食感をしばらく楽しめるタイプ。というか、私の好きな甘酸っぱい味で、このテのものにしちゃなかなか美味しいというのが最大のポイントなのだ。

ただ、医薬品なので一回2錠、一日3回(それも朝・昼・晩と、きちんと間隔をあけて)まで、と服用量が決められており、無制限には食べられない。でもこれがデスクにあるとなしとでは大違い! 味気ないただの錠剤でもなく、かといってお腹の足しにまったくならない顆粒でもない、カラダにいい“アメ”。ありそうでなかったこんなタイプのビタミン剤、毎日口にする瞬間が、今現在のささやかな愉しみのひとつである。
[PR]
by vogue_aso | 2006-02-15 08:41
<< 庶民の味方 その1。 コスメ倶楽部。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧