VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
新たな一歩。
e0037001_11233856.jpg仕事始め。そしてスキンケアも約3週間の「ザ・エッセンス」生活を終了し、また新たな一歩である。さて、何を使おうか?

「ザ・エッセンス」で得た効果を邪魔せず、なおかつ力強さも欲しい……。この何となく慎重になってしまう気分、たとえるなら「海外旅行から帰ってきた時の一食め」、もしくは「断食明けの一食め」を選ぶような感じ? 結果、選ばれたのが『エムディ化粧品』の新作「エムディクリームエッセンス」。

『エムディ化粧品』という会社、決して派手ではないが、黒砂糖入りのビタミンCエッセンス「ODMホワイト」、「レセプトⅡクレンジング ミルク」など、ときどき驚くほどナイスな製品を輩出する。今回の「エムディクリームエッセンス」も、何だかよさげな予感。さっそく蓋を開けて……おおっ、上蓋と中蓋の間にスパチュラ(匙)が内蔵されている……! こう見えて案外神経質な私は、化粧品内に雑菌が入ることがほとんど「恐怖」に近い(セルフの売場などに、よく開けっ放しのテスターとかがあるが、見るだけでダメ)。そうそう、スパチュラってそんなに大きい必要、ないのよね。使用後はよく拭いて、蓋の中に入れておけば清潔だし、朝晩毎に繰り広げられるストレスフルな「スパチュラ探し(なぜか、よくどこかに行ってしまうのである……)」の手間も省けるというもの。

肝心の中身はというと、その名の通り、クリーム状の美容液である。いや白いジェルクリームといった味わい? いずれにしろただのクリームではなく、肌にぐいぐいと入っていきそうな、とてもみずみずしい感触。それでいて保湿力も申し分なし。上にさらにクリームを重ねてもいいそうなのだが、今は肌状態が良いのでこれだけで十分うるおいが持続。「一食め」選び大成功で、ちょっとホクホク中の私である。
[PR]
by vogue_aso | 2006-01-05 22:07
<< ミネストローネ。 「ザ・エッセンス」結果報告。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧