VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
シャバシャバにして濃厚。
e0037001_11402811.jpg秋も深まってくると(というかすでに冬、との説も)、冷気と乾燥で活性度が落ちるのか、肌がいっそうシワシワしてくる。パワーアップ系のクリームを投入するのはもちろん、化粧水の段階からテコ入れが必要。というわけで、とっておき『イヴ・サンローラン・パルファン』の「タン マジュール ローション」を開封する。

霊芝のパワーで“肌痩せ(エイジングの象徴ですね)”に待ったをかける「タン マジュール」のシリーズは、「クリーム」も「アイズ」もかなり好きなのだが、この化粧水には至っては、カンペキに「やられた!」という感じ。もともと化粧水はコットンに即ジュワっと滲みる“シャバシャバ感触”のものが好きなのだが(コットンにすぐに滲み込まず、表面でごろごろローリングするヤツは、気が短いのでちょっぴりイラっとくるのだ)、これはシャバシャバにして内容はリッチ、という珍しいタイプ。それが証拠に、丁寧にパッティングしていくと、何とおでこや口元の表情ジワまでぷっくり膨らんで、目立たなくなってくるのだ!

隣の席の33歳は「このローション、いいんだけど、これだけでお腹いっぱいになっちゃう気がして、他の美容液をつける楽しみをそがれる」などという不敬なことをのたまっているが、それはキミがまだ若いから。7年後には、きっとこのローションの良さが肌でわかるようになりますから。
[PR]
by vogue_aso | 2005-11-29 23:58
<< 適材適年齢。 ロレアルセミナー@大阪。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧