VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
モードセミナー@東京。
e0037001_1250109.jpg9月の名古屋に続き『ロレアル』さん主催の「モードセミナー」、本日は東京編。同じく講師を務めるヘア&メイクの横山克馬さんとともに、朝から新宿の小田急ホテル・センチュリー・サザンタワーに詰める。今日の格好はバルーンっぽいスカートに、ブルーガールのヒラヒラ・トップスを合わせた、ややブリブリ調。さすがにこのところまた穿きはじめた“ミニスカート”はやめておいたが…。

服・メイク・ヘアスタイルに関して。開き直り? と問われれば「はい、まったくそのとおりです」なのだが、最近「“若づくり”は、結局世のため人のため」と思うことにしている。どういうことかというと、「あのトシ(ちなみに私は今年40になった)になっても、ああいう格好してOKなのね」と若者に勇気を与えるパターン。もしくは「あのトシになってああいう格好は、やっぱりイタいしキビシイよね」と若者の反面教師になるパターン。願わくは前者でありたいものだが、まあどっちに転んでも世の中の役には立っているということで…。このテマエ勝手な理由付け、どうぞお許しくださいませ。

写真は家人がこよなく愛する『ロレアル プロフェッショナル パリ』の「テクニアート クラフト デザイン ワックス」。短髪でワックスおたくの彼が「一番」と太鼓判を押す、隠れた名品である。サロン専売品ゆえ、買える場所がわからなかったので、セミナー担当の斎坂さんについおねだりしてしまった。役得。
[PR]
by vogue_aso | 2005-11-15 23:58
<< 10代の記憶。 マームリタート。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧