VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
イモ虫マスカラ。
e0037001_1149244.jpgいきなりあんまりなタイトルかも知れないが、なんせ見た目がそうだから仕方がない(しかも毛付き……)。三日月型? いや、やっぱりこれはイモ虫でしょ。

「虫」関係はよろず死ぬほど苦手だが、このカタチのマスカラだけは別。ちなみに現在愛でているイモ虫は『ボーテ ド コーセー』の「マスカラファンタジスト ボリュームショウ」。直毛でまばら、
ビューラー後に下地で固めないとすぐにお辞儀をする、しょうもない私のまつ毛だが、このマスカラを毛の下側に当てて、根元からぐぐっと持ち上げると、テクニック要らずで毛の1本1本がキレイな扇形に広がってくれる。

マスカラの良し悪しについては、目の形、毛質と毛量、パーマの有無など、個々人のまつ毛の状態にもよるので一概には語れないのだが、ひとつだけ言えるのは「落としたい時にラクに落とせる」ものがbetterということ。なぜなら、落としたい時というのは大抵夜で、ぐったりしていて、一刻も早くベッドに潜り込みたい状況。メイク効果、およびパンダ目を防ぐためなのだろうか、昨今「落ちないマスカラ(専用のリムーバーを使っても、である)」がとみに増えてきているので、これは重要なポイント。将来的な目もとの美容のことを考えても、「行きはヨイヨイ、帰りはコワイ」のマスカラじゃ困るのだ。

その点でも「マスカラファンタジスト ボリュームショウ」は合格点。満足のいくメイク効果を得られるのはもちろん、落としたい時にするんと落ちてくれるマスカラは、結局ご指名回数ナンバーワンの売れっ子になる。
[PR]
by vogue_aso | 2005-10-31 21:30
<< アジアチカ。 インナーシグナル。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧