VOGUE NIPPON ビューティー・ディレクター 麻生綾の美容編集者生活
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
Outdoor roun..
from Gateleg dining..
Como settee ..
from Cushions for a..
Snowshoe pop..
from Snowshoe poprad.
Tickle tortu..
from Tickle torture.
Oxycodone.
from Oxycodone.
Muscle pain ..
from Lipitor.
Adderall.
from Adderall side ..
Cialis.
from Cialis.
Bestiality p..
from Bestiality zoo..
Tangelos lip..
from Side effects o..
このコスメが役立った! その1。
e0037001_2335373.jpg今日から3回にわたり、ハワイで役に立ったコスメについてご報告。

リゾートへ行くときは“なるべく最小限の荷物”を心がけつつ、1.使いかけの製品(「この機会に使ってみよう」と思った新製品だけでなく「いつも使っているもの」も一応持参。肌があまり丈夫ではないので、環境の変化による“万が一”に備えて)。2.普段はあまり使わないけど必要なもの(日焼け関連グッズなど)。3.使うのに時間や手間がかかるもの(マスクの類)……を、あらゆる場面を想定して持っていく。

結局、今回最もカンが外れたもの、すなわち“不必要だったもの”はファンデーションだった。スパにばかり入り浸っていたせいもあるが、何よりファンデーションという正装感(?)が、リゾートには不似合なのだ。そういうわけで現地でも、そして行き帰りの機内でも『ドクターケイ』の「ケイUVベース」(SPF30 PA++なのに“密閉感”ゼロ。デコルテはもちろん、肩口や腕にまでグイグイ伸ばしていた)に、『シスレー』の色付き保湿クリーム「ソワン タン フィト イドラタン」(VOGUE.comの「ビューティ内緒話 Vol.8」をご参照ください)を重ねてthat's all! それでも紫外線カット効果は充分だったようで、本当にハワイへ行ってきたのか、疑われるほどの白肌キープ度である。
[PR]
by vogue_aso | 2005-10-05 20:33
<< このコスメが役立った! その2。 ロミロミ・マッサージ。 >>
トップ

『VOGUE NIPPON』編集部発“美容ブログ”
by vogue_aso
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
麻生 綾(あそう あや)
東京育ち。田園調布雙葉学園→上智大学文学部新聞学科→同大学院文学研究科を修了後、婦人画報社(現・アシェット婦人画報社)入社。『25ans』『婦人画報』編集部で約14年間、主にビューティのページを担当、また両誌で副編集長を務める。2004年3月に日経コンデナスト『VOGUE NIPPON』編集部に移籍、現在は同誌ビューティ・ディレクター。最近、かねてからの美容モットー「女は美味しそうでなくっちゃ。」にもう一言、「女は乾かしちゃいけない。」が加わる。趣味は化粧品いじり。好きな食べ物はだだちゃ豆、香草、蕎麦湯。家族は同業者の夫と、ぬいぐるみ多数。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧